アメリカザリガニ

ザリガニ釣り

 金沢市の夕日寺健民自然園には、トンボサンクチュアリがあり、ザリガニ釣りの名所になっています。このトンボサンクチュアリでは、ヤゴを保護するため、ザリガニを捕獲できるように、ザリガニ釣り用の釣り竿が置いてあるため、簡単にザリガニ釣りができます。ただ、釣ったザリガニを入れるゴミバケツも用意されていて、リリースや持ち帰りは禁止になっています。息子と息子の友達と一緒に、ザリガニ釣りをしたところ、1時間ほどで、3匹ほど釣れました。
 ザリガニを飼ってみたいというので、今度は、河北潟の南にある「こなん水辺公園」に行って、ザリガニ釣りをしました。釣り竿は、竹の棒にタコ糸を縛り付け、エサとしてスルメを結んで作りました。魚取り用の網の中にスルメを入れて、池の中に沈めておいても、ザリガニを獲ることができます。

アメリカザリガニ
威嚇ポーズをするアメリカザリガニ
ザリガニ釣りの釣り竿

 一番大きなザリガニを1匹だけ持ち帰って、飼ってみることにしました。ザリガニは、水が深いと呼吸ができなくなるので、水を浅くするか、ザリガニが登れる石を入れておきます。水は、すぐ汚れて臭うので、3日に1回ぐらい水を入れ換えます。ただ、ザリガニの場合、水道水のままでも大丈夫なので、水換えも楽です。

ザリガニの産卵

 ザリガニは、外来種でトンボの幼虫であるヤゴなどを食べてしまうので、池に逃がすわけにはいきません。そのうち死ぬだろうと思っていたら、4ヶ月以上も1匹だけで飼っているのに卵を産みました。腹に100個以上の卵を抱いているようです。驚いて調べてみると、オスはメスに精包を渡すので、産卵まで数か月かかることがあるようです。また、単為生殖を行うザリガニもいるみたいです。
 ザリガニは、産卵するとおとなしくなるようで、卵を見ようとひっくり返しても暴れませんでした。

産卵したアメリカザリガニ
産卵したアメリカザリガニ

Copyright (C) ASH Joe Masumura